アグリ事業部

アグリ事業部

アグリ事業部は、65歳を超えた従業員の人達が「より安全」かつ「健康」で、充実感を持って働くことができる仕事を作る為に始めた事業部です。
現在、年金の満額支給年齢は65歳からです。
しかし、年金だけではなかなか安心して暮らすことはできません。
また、「隠居にはまだ早い。」、「体が動く間は働いていたい。」、「元気な間に少しでも収入を得たい。」と考える従業員の人達が増えています。
一方、従来と同じ仕事を70歳まで延長することは、体力的にも難しいことです。
そこで、65歳を超えた従業員の人達が、70歳過ぎまで「健康」に働くことができる「農業」で、「より安全」に働くことができる仕事として、種なし・皮ごと食べられる「新世代のぶどう」:ナガノパープル、クイーンルージュ®、シャインマスカットの栽培を始めました。

また、春から秋に作業が集中するぶどう栽培の冬場対策として、「市田柿」の加工を手掛けることになりました。

新世代のぶどうの栽培

現在、「新世代のぶどう」の農園は10万㎡、ぶどう棚は8万㎡を超えています。
それぞれの生産比率は、ナガノパープル206本:24%、クイーンルージュ®368本:44%、シャインマスカット276本:32%です。

そして、作業性・安全性を考慮し、広くまとまった土地(1万㎡以上の土地)を選定し、段差のない農園にリニューアル(構造改善)しています。
特に3万㎡を超える原畑ぶどう園は、南アルプスと中央アルプスの山々が一望できる絶景スポットでもあります。

原畑ぶどう園

航空動画:県下最大級の「新世代のぶどう」の農園(ぶどう棚面積:約3万㎡)

園内写真:

長野県オリジナルの「クイーンルージュ®」

クイーンルージュ®は長野県果樹試験場が10年の歳月をかけて開発した赤色の種なし・皮ごと食べられる「新世代のぶどう」で、赤いシャインマスカットと呼ばれる事もあります。
糖度がより高く、シャインマスカットやナガノパープルとは違う風味や味わいがあります。
当社のクイーンルージュ®のぶどう農園は約4万㎡で、現時点(令和3年10月)で県下最大級と言われております。

市田柿の製造

現在、製造能力としては生柿ベースで130トン/年です。

樫原 市田柿作業所

樫原加工場写真

将来の市田柿の原料となる生柿確保の為、計6万㎡超の柿畑を作っています。

針が平のリニューアル後の柿畑(2万4千㎡)

主役はシニア世代とスマート農業

アグリ事業部は7割が60歳以上の従業員の人達で構成されています。
そのため、安全性の向上をより図るために、自動草刈りロボットを全てのぶどう園に導入し(27台)、足元は芝生状態にしています。
また、果樹栽培においての重要な課題である農薬の散布については、農園周辺への飛散対策のみならず、新しい機械や技術を導入することでオペレーターの身体への負担軽減を図っています。
シニア世代とスマート農業の融合によって、従業員の人達が70歳を超えても、様々な状況に応じて柔軟に働ける職場を目指しています。

もう一つの農業

自給

私達は平成26年から、太陽光発電の収益の一部を利用して、松川町の遊休農地(3万㎡)を復旧し、「何が起こっても、米だけはあるぞ」という考えの元で、従業員とその家族全員の米の自給を始めました。
現在(令和3年)、町内の遊休農地の増加に伴い、田:10万㎡、畑:3万㎡で米、大豆、芋等を作り、従業員とその家族の食料の一部を自給しています。
米の生産量の増加に伴い、平成28年に飯田下伊那の3施設、平成29年からは南信地区(松本市以南)の7つの児童養護施設の子供たちに「何が起こっても、米だけはあるぞ」と安心してもらおうと米を供給しています。

農機具

米の乾燥機

米の冷蔵庫

稲刈り作業

みつばち

松川町の農業は果樹が主力です。特に、りんご栽培が中心となっています。
りんごの受粉にはみつばちを利用していますが、その一助になればと平成29年からみつばちを飼育しています。

伊那市、木裏原

ご案内

種なし・皮ごと食べられる「新世代のぶどう」:ナガノパープル、クイーンルージュ®、シャインマスカットの新たな楽しみ方

まずは、
1.3種類を一粒ずつ味わってください。
2.次に、2種類の組み合わせを味わってみてください。
3.最後に、3種類のぶどうを一緒に食べてみてください。
4.どんな味わいかは食べてのお楽しみ、まずは「ものは試し」です。

販売についてのお知らせ

この贅沢な楽しみ方を可能にする「新世代のぶどうのジュエリーカップ」

選果場限定販売!令和4年秋スタート!

販売予定はコチラをご覧ください

商品名:ジュエリーカップ
価 格:700円~(税込)
住 所:長野県下伊那郡松川町上片桐4604 竹村工業東側

選果場

お問い合わせ

お問い合わせ:お問い合わせページ